「News」カテゴリーアーカイブ

南三陸町を訪問しました

南三陸町の防災対策庁舎
南三陸町の防災対策庁舎

2015年7月1日 宮城県南三陸町役場を訪問し、きぼうの桜計画を説明しました。
これからじっくり時間をかけて、最適な植樹場所を検討しようということになりました。

宇宙桜(きぼうの桜)は、津波の到達点の直上で、桜の生育にも適した地形で、今後も長期的に安定した公共の場所でなければなりません。
ほとんどの市町村では、復興成った学校や、市民公園などが植樹候補地になっています。

ここ、南三陸町では、津波で市街地がほぼ壊滅してしまいました。

sP1020119

若い職員が最後まで避難を呼びかけて殉職した防災対策庁舎は、鉄骨だけが残り、いまでは多くの人々が祈りに訪れる聖地になっています。

宇宙・三春滝桜が東北海岸に


福島県三春町の鈴木町長(左)

2015年6月30日
福島県三春町・鈴木義孝町長に、きぼうの桜計画をご説明し、東日本大震災で津波の被害を受けた市町村へ植樹するための「宇宙三春滝桜」の苗の準備をお願いしました。
宇宙三春滝桜がいつ、どの市町村に植えられるのかは未定ですが、千年以上続く、希望の絆の第一歩となることを期待しています。
ワンアースは、宇宙桜を通じて、地域間の文化交流を支援していきます。

夏の三春滝桜、雄大なるかな

2015年6月30日

夏の三春滝桜(福島県三春町)に会ってきました。
日本三大桜の中でも最も若い(?)樹齢1000年(推定)だそうですが、
若々しい生命のエネルギーにあふれていて、観る者を圧倒します。

四月中旬の花の時期には、交通渋滞で近づくことすら困難なこの桜
この時期は訪問者もなく、周囲は畑ですので静かに対面できます。

<千年の幹>

この地球上に、このような偉大な生命体が在ること
そして自由に会えることに
歓びを禁じ得ませんでした

生態工学会で「きぼうの桜」計画を発表しました

2015年6月27-28日、神奈川県川崎市・明治大学黒川農場で開催された生態工学会で、きぼうの桜計画を発表させていただきました。この学会は、生物にかかわる科学、産業から人文にかかわるものまで、幅広い叡智を結集するたいへん権威ある学会です。
今回の発表は、筑波大学生命環境系・富田−横谷香織先生に懇意に御指導いただいております。

日本櫻学会で「きぼうの桜」計画を発表しました。

2015年6月21日、富山県富山市で開催された日本櫻学会で、一般財団法人ワンアース代表理事・長谷川洋一が、きぼうの桜計画を発表いたしました。
当学会には日本各地から著名な桜の研究者や、市民活動に取り組む方々が集まり、二日間にわたり熱気あふれる中、貴重な意見交換が行われました。
きぼうの桜計画も、専門家たちにいよいよ認知された、と言えるでしょう。

フィールドワークでは、残雪深き雄大な黒部立山の山中でタカネザクラの生育状況を視察しました。

タイ王国のホームページで紹介されました

タイ王国政府 科学技術開発局(NSTDA)のホームページでワンアースが紹介されました。
下記リンクをご覧下さい(タイ語ですが)

http://www.nstda.or.th/jaxa-thailand/?p=731

NSTDAは、宇宙や科学技術の教育普及に非常に熱心に取り組んでいます。
ワンアースが掲げる、宇宙的視点からこの星の命を学ぶ、というポリシーは、
共鳴するものがあるそうです。

ロシア連邦英雄がワンアース名誉顧問に!

ロシア連邦英雄で、宇宙滞在748日の記録をもつ伝説的宇宙飛行士、セルゲイ・アウデエフ博士が、ワンアースの名誉顧問に就任しました。

博士(愛称セリョーガさん)も奥様(愛称マーシャ)も、たいへんな親日家で、自宅でも浴衣を着こなし、日本酒もお好きだとか。

二年以上も宇宙から地球を眺めつづけたセリョーガさん。
その一言一言には、この星への熱い思いがあふれています。
ワンアースとしての活動が、楽しみですね。

リロイ・チャオ船長が名誉顧問に!

第10代国際宇宙ステーション船長のリロイ・チャオ宇宙飛行士が、ワンアースの名誉顧問に就任しました。

Leroy Chiao
チャオ飛行士は、米国を代表する宇宙飛行士のひとりで、オバマ大統領の諮問委員なども務め、若田さんとも2回のフライトでともに宇宙へ行った大親友です。
2008年、有人宇宙システム(JAMSS)の主催する「花伝説・宙へ!」計画に参加するために来日し、多くの青少年と交流しました。現在はコンサルタントとして自家用飛行機で飛び回る毎日ですが、とっても陽気な東洋系アメリカ人です。さっそくチャオ飛行士のフェースブックを見てみましょう。
↓↓↓
https://www.facebook.com/CDRLeroyChiao
Hi Leroy, thank you for your support for The One Earth Foundation!

電子書籍「地球飛行士」の無料キャンペーンについて

表紙2

一般財団法人ワンアースの設立を記念して、谷山稜の電子小説「地球飛行士」が期間限定で無料になります(2015年6月10日−14日まで)。
地球飛行士 www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00F638B8E/

俺はこの星を愛している・・・
ただ独り漆黒の宇宙空間に放り出された宇宙飛行士が、
残留した酸素の中で、人々の営みや自然の摂理を見下ろしているうちに、
地球とともに生きていることを実感し、この星そのものへの愛にめざめる。

 ワン・ワールド
 ワン・アース
 この青い星が在れば、
 この星さえ生き続けてくれるならば、
 もう俺の存在なんて、
 どうでもいいことだ。
(本文より)

☆短編ですが、谷山稜が全霊を振り絞って書きました。
☆この物語の構想は、第十代国際宇宙ステーション船長、リロイ・チャオ博士の地球写真を見せていただいたときの印象に基づいています
☆サンドラ・ブロック主演の映画ゼロ・グラビティとも類似したストーリー展開とのご指摘もありますが、あくまで別作品です。
この機会に是非ご覧ください

・Kindleをお持ちの方は、そのままダウンロードしてください
・スマホの方は、Kindleの無料アプリを入手してからダウンロードしてください
・パソコンでも読めますが、詳しくはKindle無料アプリのインストール手順に準じてください

日本櫻学会で発表します

2015年6月21日(日) 富山県富山市で開催される日本櫻学会第10回研究発表会にて、
きぼうの桜計画を発表させていただきます。

演題:きぼうの桜 − 宇宙桜と東北復興
発表者 長谷川洋一、共著 富田−横谷 香織先生(筑波大学生命環境系)