仙台満員御礼のお詫び(ルース・スレンチェンスカ音楽交流)

仙台での交流会は満員御礼。すでにお申し込みになった方以外はご入場できません。
御理解お願い申し上げます。
翌日 4月25日(水) 福島市での交流会はまだキャパがあると予想されます。

4月25日(水) 18時開場・18:30開演 福島市音楽堂 無料・申込不要・自由席

福島市音楽堂へのアクセスはココをクリック

何と、特別共演に日本屈指の合唱団が♪

2000人が総立ち♪ ルースさん in サントリーホール


2018年4月21日(土)の夜は、音楽界の歴史的な夜となりました。

この日はじめて東京で演奏会を開いたピアノの巨匠ルース・スレンチェンスカ(93歳)の奏でる奇蹟の音楽に、満席の聴衆は魅了され、総立ち。。。

鳴り止まぬ拍手にアンコールはショパンのワルツで締めくくられました。
終演後も聴衆は帰らず、サイン会の行列が1時間以上も続きました。
ルースさんは疲れも見せず、一人一人に丁寧にサイン、握手、写真と対応してくれました。

さて、明日23日からいよいよルースさんの東北慰問演奏旅行が始まります。
仙台は既に満席ですが、4/23 岩手県洋野町セシリアホール(無料・要整理券)と 4/25 福島市音楽堂(無料・申込不要)の会は、まだ参加出来ます。
一生の思い出になりますよ♪


【お問い合わせ(岩手県洋野町)】洋野町特定政策推進課 0194-65-2102


【お問い合わせ(福島県福島市)】ワンアース代表理事・長谷川洋一 090-9230-8586

<ルース・スレンチェンスカ>
 1925年カリフォルニア生まれ。19世紀ロマン派の演奏を今に伝える最後のピアニスト。
 4歳で初リサイタル、5歳でカーティス音楽院入学、6歳でベルリン、8歳でNYデビュー。9歳でラフマニノフの代役を務め「モーツアルト以来の最も輝かしい神童」と讃された。40代までにホフマン、ラフマニノフ、コルトー、シュナーベルら巨匠たちの教えを受け、デッカで12枚のゴールドディスクを出すなど「ピアノの女王」と讃えられるも、キャリア絶頂期で商業的演奏活動を中止し、独自の音楽探究の道へ入る。
 しかし2003年、音楽プロデユーサの三船文彰氏(劉生容記念館・岡山)の招きに応じ、2017年夏までに9回来日。この期間に録音・出版した15枚のCDはいずれもレコード芸術誌で特選盤に選ばれるなど絶賛されている。来日時には御所に招かれ、美智子皇后陛下とも親しく音楽で交流を重ねている。
 93歳の今年、東京サントリーホールでリサイタル(4/21)を行った後、念願の東北慰問を行う。

きぼうの桜、再生する川俣町に!


2018年4月18日(水)
福島県川俣町で、きぼうの桜植樹祭が行われました。


この町は内陸で、津波の被害こそなかったものの、原発事故の被害を受けて、一部地域は避難地区になっていました。昨年春、6年ぶりにようやく避難命令が解除され、町の再生が始まりました。


選ばれた宇宙桜は、宇宙ひょうたん桜(高知県仁淀川町)


この植樹は、ライオンズクラブ国際協会(332-D地区・菅野文吉ガバナー)の全面協力により、とんとん拍子に準備が進みました。


輸送は(!)なんと福島からトラックで取りに来る気合いの入れよう(片道14時間かかったとか)


巨大ハートの柵はあじさいでお洒落に決めました。


主だった方々からの祝辞のあと、フライト証明書と紲石がワンアース長谷川代表から佐藤金正町長に贈られました。


土掛け、水遣りのあとは、、、

きぼうの桜植樹祭の恒例(?)となった風船飛ばし。


看板も立派に出来上がりました。

あの震災の記憶と教訓を、千年先まで伝えるために
きぼうの桜は植え続けられます。
そこに故郷がある限り

きぼうの桜第1号に会える気仙沼大島


きぼうの桜の第1号は、東日本震災の翌年、2012年春に気仙沼大島にある大島中学校に贈られ、かわいい島っ子たちに見守られ、すくすく育っています。

2018年4月16日、本校の開校記念日に合わせてワンアース長谷川洋一代表が訪れ、「きぼうの桜プロジェクトの目指すもの」と題してお話しいたしました。


お話しのあと、大島中学の全校生徒が、きぼうの桜を合唱してくれました ♪動画はコチラ♪

東北最大の有人島・大島には来春橋が架かり「島が島でなくなる日」がやって来ます。この橋は島人の長年の悲願だったわけですが、さまざまな変化をもたらします。より多くの観光客がやってくるでしょうし、急病人が出ても速やかに本土の病院に運べます。しかし一方、観光客は島に泊まらなくても日帰りしやすくなりますし、小中学校も本土に統合されるかもしれません。こうした変化をチャンスと捉え、ワンアースからは、中学生が主体となって島の伝説を創ることを提案しました。

きぼうの桜は単なる桜の木ではなく、地域と地域、そして現在と未来をつなぐ文化遺産となることでしょう。

世界遺産に、きぼうの桜(宇宙を旅した三春滝桜)がやって来た!釜石


2018年4月14日(土)
岩手県釜石市、世界遺産橋野鉄鉱山に、きぼうの桜が植樹されました。
今回植えたのは、極めて稀少な宇宙滝桜です。母樹は、あの三春滝桜

植樹祭には野田武則・釜石市長のほか、鈴木義孝・三春町長も駆けつけてくださいました。
【左:鈴木義孝・三春町長、右:野田武則・釜石市長】

山崎直子宇宙飛行士からのビデオレターもいただきました。【山崎直子宇宙飛行士からのビデオ祝辞上映】

そしてもちろん、子どもたちに大人気のあの「大使」もやってきましたよ!

式典の華は、地元・栗林小学校の全校児童50名による「きぼうの桜」の大合唱。


♪【合唱の動画はコチラ】♪♪♪

植樹場所には直径20メートルの巨大ハートの植え込みが出来上がっており、ハートの先端は、苗の故郷・福島県三春町を指しています。


この桜が「きぼうの桜」であることの証しである紲石は、子どもたちが一生懸命掘ってくれた穴に埋設されました。

釜石では2019年にラグビーワールドカップが開催されます。


この大きなチャンスに乗り、町の賑わいが復興することを祈りつつ、きぼうの桜は新しい町のシンボルとして大きく育ってくれることでしょう。

プレスリリース☆世界遺産に宇宙桜(三春滝桜)が! 岩手県釜石市 きぼうの桜植樹祭ご案内

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック

世界遺産に宇宙桜が!
岩手県釜石市 きぼうの桜植樹祭ご案内

岩手県釜石市は2018年4月14日、一般財団法人ワンアースが主催する「きぼうの桜」計画の一環として、極めて稀少な宇宙桜(贈呈元・福島県三春町、母樹は三春滝桜・樹齢1000年超)を植樹し、復興を祈念する。同植樹祭には野田武則・釜石市長のほか、鈴木義孝・三春町長や、宇宙桜大使犬・ソラも駆けつけ、地元・栗林小学校の全校児童約50名が「きぼうの桜」を合唱する。
植樹場所には直径20メートルのハート型の植え込みが造られており、その中心に宇宙桜を植えて町のランドマークにする。ハートの先端は苗の故郷・三春町を指している。植樹と同時に、ラピスラズリ球で作られた紲石(きずないし)の埋設や山崎直子宇宙飛行士からのビデオ祝辞上映が行われ、新しい復興のシンボル誕生を祝う。

日時: 2018年4月14日(土) 14:00-
場所: <式典> 釜石市橋野鉄鉱山インフォメーションセンター
<植樹> 橋野鉄鉱山内 憩いの広場

【きぼうの桜とは】 一般財団法人ワンアースが推進する東日本大震災復興支援事業。 その種が8ヶ月半宇宙を旅した日本屈指の名桜の直系子孫(宇宙桜)を被災地全市町村の津波到達点上に植え、千年風化しない避難の目印として、そして宇宙からも見える復興のシンボルとして、この星の子孫たちに残す前例のない広域事業。 東北三県沿岸全37都市および福島市、飯舘村、川俣町と調整中、うち10都市で、2018年4月までに植樹完了予定。

【宇宙桜とは】 2008年に有人宇宙システム株式会社が行った社会貢献事業「花伝説・宙へ!」によって誕生した桜。日本各地で少年少女らの手によって集められた千年級の名桜(山高神代桜、根尾谷淡墨桜、三春滝桜、醍醐桜、ひょうたん桜、角館武家屋敷枝垂桜など)の種が、若田光一宇宙飛行士とともに国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月半(2008.11/15から2009.7/31)滞在し、地球帰還後にそのごく一部が発芽して「宇宙桜」が生まれた。同宇宙事業を発案した長谷川洋一が、2015年に一般財団法人ワンアースを設立した。宇宙桜の苗は現在でも稀少な地域の宝物だが、ワンアースの呼びかけに応え、東北復興のためならば、と各地で苗を増やし贈呈準備をしている。

<お問い合わせ> 一般財団法人ワンアース  長谷川洋一
〒301-0003 茨城県龍ヶ崎市平台4-20-6
090-9230-8586 hasegawa@the-one-earth.org
ホームページ http://www.the-one-earth.org/jp/

<お問い合わせ> 一般財団法人ワンアース  長谷川洋一
〒301-0003 茨城県龍ヶ崎市平台4-20-6
090-9230-8586 hasegawa@the-one-earth.org
ホームページ http://www.the-one-earth.org/jp/

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック

福島浜通りに、きぼうの桜!植樹祭は和やかに2018


2018年4月11日
福島県浜通りの浪江町と富岡町で相次いで、きぼうの桜植樹祭が行われました。
両町とも、約1年前に一部で避難指示が解除され、ゆっくりですが町が再生を始めました。そして遂にこの4月に小中学校が開校!


この日は全校児童・生徒参加のもと、復興への強い願いを込めて、きぼうの桜の若木を植えました。


宇宙桜大使ソラ(サモエド犬)も駆けつけて、子どもたちにもみくちゃにされるほど人気を集めていました。
最後に巨大ハート型の植え込みに並んで風船を飛ばしました。

今後とも、きぼうの桜計画を、どうぞよろしくおねがいいたします。

多くの報道さん、まことにありがとうございます
NHK
日本経済新聞
毎日新聞
福島民報
福島民友

風船飛ばし動画 浪江

4.11 福島浜通り浪江町・富岡町 きぼうの桜植樹祭ご案内

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック
 福島県浪江町および富岡町は2018年4月11日、一般財団法人ワンアースが主催する「きぼうの桜」計画の一環として、極めて稀少な宇宙桜(贈呈元・山梨県北杜市、母樹は日本最古の山高神代桜・樹齢2000年)を植樹し、復興を祈念する。同植樹祭は同日に浪江町と富岡町で連続的に行われ、各町長等のほか、4月に再開した小・中学校の全校児童・生徒や、苗の贈呈元・北杜市代表らが参加する。両町とも直径20メートルのハート型の植え込みを用意しており、その中心に宇宙桜を植えて町のランドマークにする。ハートの先端は苗の故郷・北杜市を指している。植樹と同時に、ラピスラズリ球で作られた紲石(きずないし)の埋設や山崎直子宇宙飛行士からのビデオ祝辞上映、ドローンによる記念撮影などが行われ、新しい復興のシンボル誕生を祝う。

日時: 2018年4月11日(水) 13:30-
場所: 福島県浪江町大平山慰霊碑前コミュニティ広場(13:30)
福島県富岡町立小中学校横 第2公園(15:30)

【きぼうの桜とは】 一般財団法人ワンアースが推進する東日本大震災復興支援事業。 その種が8ヶ月半宇宙を旅した日本屈指の名桜の直系子孫(宇宙桜)を被災地全市町村の津波到達点上に植え、千年風化しない避難の目印として、そして宇宙からも見える復興のシンボルとして、この星の子孫たちに残す前例のない広域事業。 東北三県沿岸全37都市および福島市、飯舘村、川俣町と調整中、うち10都市で、2018年4月までに植樹完了予定。

【宇宙桜とは】 2008年に有人宇宙システム株式会社が行った社会貢献事業「花伝説・宙へ!」によって誕生した桜。日本各地で少年少女らの手によって集められた千年級の名桜(山高神代桜、根尾谷淡墨桜、三春滝桜、醍醐桜、ひょうたん桜、角館武家屋敷枝垂桜など)の種が、若田光一宇宙飛行士とともに国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月半(2008.11/15から2009.7/31)滞在し、地球帰還後にそのごく一部が発芽して「宇宙桜」が生まれた。同宇宙事業を発案した長谷川洋一が、2015年に一般財団法人ワンアースを設立した。宇宙桜の苗は現在でも稀少な地域の宝物だが、ワンアースの呼びかけに応え、東北復興のためならば、と各地で苗を増やし贈呈準備をしている。

<お問い合わせ> 一般財団法人ワンアース  長谷川洋一
〒301-0003 茨城県龍ヶ崎市平台4-20-6
090-9230-8586 hasegawa@the-one-earth.org
ホームページ http://www.the-one-earth.org/jp/

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

93歳、奇蹟のピアニスト ルース・スレンチェンスカとの市民交流

一般財団法人ワンアース(長谷川洋一代表理事・茨城)と劉生容記念館(三船文彰代表・岡山)は、東日本大震災からの復興を祈念するために、東北三県で世界的なピアノの巨匠ルース・スレンチェンスカ女史(93歳)による音楽交流事業を行います。大震災発災直後からのピアニスト本人の強い希望もあり、復興する各地の市民、とりわけ青少年たちとの心の交流を主体とした学校訪問や無料の市民音楽交流会を開催します。

4月23日(月) 18:30開演(18:00開場)900人・要整理券
洋野町民文化会館セシリアホール
〒028-7913 岩手県九戸郡洋野町種市第24地割124の3

4月24日(火) 19:00開演 40人・要整理券
仙台中央音楽センター
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4丁目4の4

4月25日(水) 18:30開演(18:00開場)1002人・申込不要
福島市音楽堂 大ホール
〒960-8117 福島県福島市入江町1の1

毎日新聞(4月1日)
福島民報(4月4日)
福島民友(4月9日)

2018年春の、きぼうの桜植樹祭情報をまとめて掲載しました

2018年春の、きぼうの桜植樹祭情報をまとめて掲載しました


おかげさまで、ワンアースの進める東日本大震災復興支援事業「きぼうの桜」計画は着々と進み、2018年4月現在、東北三県のうち23の市町村で正式に実施が決定されております。
その中で、この春にめでたく植樹祭を迎える地域が東北5箇所(プラス鳥取県1箇所)決まりましたので、ご案内させていただきます。

岩手県釜石市  2月26日(月) 唐丹中学校(関係者のみ)
鳥取県湯梨浜町 3月6日(火)11:00  桜小学校跡地
福島県浪江町  4月11日(水)13:30 大平山慰霊碑付近
福島県富岡町  4月11日(水)15:30 第2公園(富岡町立小中学校横)
岩手県釜石市  4月14日(土)14:00 世界遺産橋野鉄鉱山駐車場前
福島県川俣町  4月18日(水)15:00 中央公園小手姫像前

会場でのご案内/送迎も出来ませんが、歴史的植樹になりますので、多くの皆さまの御参観を願っております。
ひきつづき、ワンアースと、きぼうの桜事業を、よろしくお願いいたします。



【メディアのみなさまへ】
当HPの情報、画像等は報道目的に限りご自由にお使いくださいませ。
詳細お問い合わせは
090−9230−8586(長谷川代表理事携帯)