一般財団法人ワンアース

この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。

きぼうの桜計画について

【きぼうの桜事業とは】
 東日本大震災で津波や原発事故の被害を受けた地域(各市町村)の津波到達点以上の場所に1本ずつ、数千年生きて超巨大化する遺伝特性を持つ「宇宙桜」(詳細後述)を植樹し、復興のシンボルに、避難の目印に、そして観光資源にする事業。
 既に(2017年2月1日現在)東北三県で17の市町村が実施を決めている。
 宇宙桜は、樹齢千年級の、日本三大桜を含む名桜の直系子孫なので、適切に養育すれば、西暦三千年以降(次の大津波が来るとき)まで生き続けると考えられている。また、30年で大樹に、100年で雪山のような巨樹(枝張り20から30メートル)になるため、宇宙ステーションからも十分視認出来る。津波到達点上に植えれば風化しない避難の目印として子孫に遺すことができる。また、復興の気運を盛り上げるだけでなく、三春滝桜の例に明らかなように、観光資源として地域に貢献することも期待できる。そして三十一世紀に至るまで、大災害の記憶と教訓を伝えてくれるにちがいない。
 きぼうの桜計画では、植樹だけでなく、この名桜をコアにした市民文化醸成と参加各地の広域交流事業を行い、心の復興、コミュニティ再生に寄与する。日本各地の名桜は、それぞれ数百年におよぶ独特の地域文化を育んでいるが、このような地域の至宝を今、東北に創成し、未来への遺産とする。

【宇宙桜とは】2008年に有人宇宙システム株式会社が行った社会貢献事業「花伝説・宙へ!」によって誕生した桜。日本各地で少年少女らの手によって集められた千年級の名桜(日本三大桜を含む)の種が、若田光一宇宙飛行士とともに国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月半(2008.11/15-2009.7/31)滞在し、地球帰還後にそのごく一部が発芽して「宇宙桜」が生まれた。同事業を発案した長谷川洋一が、後に同社を辞め、退職金で2015年に一般財団法人ワンアースを設立した。宇宙桜の苗は現在でも稀少な地域の宝物だが、ワンアースの呼びかけに応え、東北復興のためならば、と各地で苗を増やし贈呈準備をしている。


宇宙から帰還後発芽した神代桜(2010年5月撮影)


成長し、開花した宇宙神代桜(2016年春)


成長した宇宙神代桜(2016年夏)


宇宙神代桜の実から育てた宇宙2世苗(2016年夏撮影)


苗の説明をする桜守・三枝基治先生

お問い合わせはこちらへどうぞ

CD「きぼうの桜」のチャリティ販売について


きぼうの桜主題歌のCDが、宇宙桜大使犬ソラちゃんのお店で一般発売されました。
☆☆☆お求めはこちらから☆☆☆


ソラちゃんも、がんばると言っています。
そして、先着五十名様には超絶プレゼントがつくそうです(五十一名様以降、、、あしからず)

みなさま、このCDで、きぼうの桜計画にご参加ください。
どうぞよろしくお願いいたします。


メイキング画像はコチラ

山梨県北杜市を訪問しました

2017年2月1日
ワンアース長谷川代表理事と三枝基治顧問(桜守)は、宇宙神代桜の故郷山梨県北杜市を訪問し、渡辺英子市長、菊原忍副市長に、きぼうの桜計画の全容を説明し、あらためて協力をお願いいたしました。


左から菊原副市長、三枝顧問、渡辺市長、長谷川代表理事


2008-9年、若田さんとともに宇宙を旅した山高神代桜(樹齢二千年・世界最古)の種は、わずか2粒しか発芽しませんでしたが、2本ともぐんぐん成長して大きな若木になっています。その後、桜守三枝先生のご尽力で、採り木、実生などにより、ごく少数の苗が生産され、今春初めて贈呈できるようになりました。


今春、宇宙神代桜の苗が嫁入りするのは
兵庫県淡路市 夢舞台・阪神淡路大震災復興祈念
岩手県洋野町 東日本大震災復興祈念
福島県楢葉町 東日本大震災復興祈念
の3地域です。
2月27日に北杜市役所にて贈呈式が行われる予定です。


きぼうの桜計画はこの春いよいよ、最初のクライマックスを迎えます。

きぼうの桜テーマソング完成 ♪

きぼうの桜計画のテーマソングが完成しました。
【メイキング動画はコチラ】https://youtu.be/mflVGTHjOPA


村田さち子先生の詩は、千年歌い継がれるように、平易な言葉で書かれ、世界各国語にも翻訳しやすいように創られています。


作曲のしゅうさえこ先生は、14代目NHKうたのおねえさん。その優しさと愛らしさがあふれた、忘れられないメロディーに仕上がっています。

この曲を、ソロでも合唱でも歌えるよう編曲してくださったのは白石哲也先生。
ピアノ伴奏は岩波佳代子先生、合唱指揮は小林晴美先生、
歌ったのは、作曲者のしゅうさえこ先生と、ひまわりキッズのみなさま
最後に題字を書いたのは、当財団評議員の赤木一朗です。

初演予定は、2017年3月9日 しゅうさえこビタミンS(コットンクラブ東京)

初披露予定は、
 2017年3月11日 福島県楢葉町 きぼうの桜植樹祭(復興祭)
 2017年3月19日 岩手県洋野町 きぼうの桜植樹祭
 2017年3月30日 宮城県七ヶ浜町 きぼうの桜植樹祭
となっています。


定価1,000円(+税)で一般販売もしますが、
今後、ワンアースに1万円以上ご寄付戴いた方には御礼に差しあげることにいたします。
これからも、ワンアースを、そして、きぼうの桜計画を、どうぞよろしくお願いいたします。

岩手県洋野町、宇宙桜の目印を打つ

2017年1月16日

岩手県洋野町を訪問し、きぼうの桜植樹場所に目印の杭を打つ作業をしました。
と言っても、ワンアースは見ていただけで、吹雪の中、杭を打っている雄姿は町の職員さんたちなのです。

さあ、この場所はどこでしょう?
植樹日も決まっておりますので、まもなく公表出来ると思います。

ここにやってくる宇宙桜の苗は、山梨県北杜市の宇宙神代桜です。
昨年10月には桜守・三枝基治先生が現地を検分し、お墨付きをいただいております。
順調に育てば100年後には、このような大樹になることでしょう。

中学生が育てる宇宙星桜

2016年12月22日
岐阜大学教育学部附属中学校(岐阜市)を訪問しました。

ここは、2008年に高桑星桜が宇宙フライトした時に大活躍した学校です。
同校の自然科学部のメンバーは、OGでもある筑波大学の富田−横谷香織先生の指導を受け、当時、保存会の大人たちでさえ発芽させられなかった星桜を見事発芽させたのです。

その功績が評価され、2009年には生態工学会から表彰されたほどです。

同校で育っている宇宙星桜を、東北の復興のために贈呈したい・・・そうした関係者の思いの中で、ワンアースは、宮城県石巻市の中学校とご縁を結びました。
この貴重な宇宙星桜の若木からは、『採り木』で新しい苗が作られています。
採り木をしてくださったのは、中将姫誓願桜の発芽にも成功した名人・吉村隆雄先生(樹木医)

遠く離れた中学生たちの心を結びつける「きぼうの桜」は、きっと末永く、町と町との交流に繋っていくことでしょう。

星桜の詳細はココをクリック

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
おかげさまで、2015年に誕生したワンアースの活動も三年目となりました。

 現在の主業務である「きぼうの桜」計画も、東北各地の多くの皆さまのご理解を得て、今年三月から始まる植樹祭に向けて着々と準備が進められております。
 2017年元旦現在、この計画に参加する市町村は18(東北で17、鳥取で1)となりました。
 宇宙の物語を秘めた名桜を、大震災から復興する全市町村に咲かせたい・・・この夢の実現に向け、今年もワンアースは進んでゆきます。

 昨年は、台湾との文化交流が理想的に進みましたが、ワンアースの目指す地球市民文化の醸成に向け、今年は他の国々とも交流を深めていきたいと思います。

 これからも多くのみなさまにご参加いただけるような事業を創出していきますので、ひきつづき、温かいご支援を賜りたく、どうかよろしくお願い申し上げます。

宮城県七ヶ浜町、きぼうの桜に参加決定

2016年12月26日

ワンアース長谷川洋一代表理事は宮城県七ヶ浜町を訪問し、寺澤薫町長以下、主だった方々と協議し、この町への宇宙桜贈呈を決めました。
植樹祭は2017年春になる見込みで、植樹場所や日時、宇宙桜の種類については追って発表される予定です。


東日本大震災の時、七ヶ浜町の人口の一割にあたる約2000人が、家を失い、仮設生活を余儀なくされていました。
あれから6年を数える2017年3月、ようやく皆さんが恒久的な住宅に移り住む目処が立ち、仮設住宅がその役割を終える見込みです。
この復興の大きな節目を記念して、仮設住宅跡地に、きぼうの桜を植樹することになりました。


七ヶ浜町には、その名の通り美しい砂浜があり、明治時代から海水浴場として賑わってきました。それが、あの大津波で破壊され、そればかりか、伊達政宗公以来綿々と育まれてきた海岸の松林も、大半が失われてしまいました。
2016年夏、ようやく海水浴場が(仮)復活し、3万人もの来場者があったそうです。これからも、東北屈指の海水浴場として、賑わいを取り戻してくれるにちがいありません。

この町の復興とともに、きぼうの桜は育ち、やがては地域を代表する巨樹となるでしょう。

<写真提供:七ヶ浜町>

仁淀ブルー、宇宙ひょうたん桜の故郷

2016年12月21日
高知県仁淀川町を訪問し、生産をお願いしている宇宙ひょうたん桜の苗を見せていただきました。


雨上がり 山霧晴れる ひょうたん桜

山岳風景を従えて、堂々たるシルエット。
ひょうたん桜の原木は、樹齢400-500年(正確なところは不明)。
日本を代表する巨桜のひとつで、高知県仁淀川町の「桜地区」にあります。
桜地区は、Googleマップやカーナビにもほとんど記載がない、素晴らしい仙境なのです。


この桜の種が宇宙フライトしたのは2008年、地球に帰還したのが2009年のことです。
宇宙を旅した200粒の種の中から、発芽したのはわずかに4粒。
現在、そのうち2本が現地で「公開」されています。


手前から宇宙ひょうたん桜と、珍しいひょうたん桜の枝垂れ子樹。
宝のような若木が並んでいます。


桜守の金尾大蔵先生
ひょうたん桜母樹の子樹を台木にして、宇宙桜を接ぎ木で育てていただいております。絶好の環境の中、10本あまりの宇宙桜苗は、ぐんぐん伸びて、既に高さは3メートル。嫁入りする日を心待ちにしています。


太陽と森と清流の仁淀川町
この地で育まれた名桜・宇宙ひょうたん桜は、きっと千年先まで希望のシンボルとして東北やその他の地域で咲き誇ることでしょう。


ワンアース長谷川代表 大石弘秋仁淀川町長 大野敏光前教育長

きぼうの桜 テーマソングの収録を行いました

きぼうの桜計画のテーマソングが遂に完成し、
2016年12月11日、キングレコードで収録を行いました。

 作詞・村田さち子
 作曲・しゅうさえこ
 編曲・白石哲也

きぼうの桜事業の意義をふまえ、
三十一世紀まで歌い継がれることを目指した、優しい曲に仕上がりました。
この曲は、ソロと合唱の2バージョンがあり、それぞれカラオケも用意しました。
作曲者しゅうさえこさんのソロも力強く素敵ですし、児童合唱版も伸びやかに明るく仕上がりました。
来年1月末にCDでリリースされます。ご期待ください。

 歌・しゅうさえこ ひまわりキッズ
 ピアノ伴奏・岩波佳代子
 合唱指揮・小林晴美
 制作・早野佳代子(キングレコード)
 デザイン・長谷川洋一
 プロデュース・一般財団法人ワンアース