一般財団法人ワンアース

この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。

名取市に、きぼうの桜贈呈!

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市への きぼうの桜の贈呈式が、苗元・山梨県北杜市で行われました。(仙台空港を襲う津波の映像が記憶に焼き付いている方も多いのではないでしょうか? 同空港は実は名取市にあります)

2018年11月7日、渡辺英子・北杜市長から山田司郎・名取市長に、約2メートルの宇宙神代桜の苗木が贈られました。

名取市からは市長、教育部長以下7名の代表団が出席し、復興の現状を説明するとともに、両市の発展のための今後の協力について貴重な情報交換が行われました。

きぼうの桜(宇宙桜)は単なる桜の苗ではなく文化財ですから、その贈呈はこのように自治体同士の御縁を前提とした公式なものになります。


この贈呈式の模様は共同通信から全国に配信されました。

1000名近い犠牲者を出した大震災から7年あまり、名取市は未来を見据えて頑張っていますが本当の復興はこれからです。来春には小塚原地区に広大な市民墓地公園も整備され、きぼうの桜はそのシンボルツリーとなります。植樹祭は2019年3月、公開イベントとして行われます(期日詳細未定)。


宇宙桜の母樹・山高神代桜(樹齢2000年 伝・日本武尊御手植)

- No Comments on this Post -