一般財団法人ワンアース

この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。

きぼうの桜贈呈式 2019春

2019年2月1日、きぼうの桜の贈呈式が、苗元・山梨県北杜市で行われ、
渡辺英子・北杜市長から門馬伸市・飯舘村副村長と、中原恵人・吉川市長に、約2メートルの宇宙神代桜の苗木が贈られました。

渡辺英子・北杜市長から苗の贈呈を受ける両首長
左)埼玉県吉川市   右)福島県飯舘村

飯舘村は、日本一美しい村、とまで謳われた風光明媚な山峡にあります。しかし2011年3月、福島第一原発事故で放出された放射性物質が南東の風に乗ってこの村を襲ったため、全村避難という前代未聞の大被害を受けました。
その後の地道な除染活動などにより徐々に避難指示区域が解除され、昨年春、ようやく学校の再開にこぎつけました。
この3月、飯舘村の中学校は、再生後初めての卒業生を送り出します。
きぼうの桜はその卒業記念樹として、そしてやがては再生飯舘村のシンボルツリーとして成長していくことになるでしょう。

飯舘村に再生した小中学校と、きぼうの桜(数百年後)の想像図

埼玉県吉川市は、東日本大震災の大きな被災地ではありませんが、飯舘村の復興にずっと寄り添ってきており、今回アベック贈呈となりました。吉川市の計画は、別途御紹介いたします。

雪の中に雄々しく立つ二千年の大樹・山高神代桜(樹齢2000年 伝・日本武尊御手植)
宇宙桜1世。この若木から採取した種から、贈呈用の2世苗が生まれる

きぼうの桜計画とは・・・

- No Comments on this Post -