吉川市、未来の災害警世のための、きぼうの桜を植える

2019年4月6日、埼玉県吉川市に、きぼうの桜が植えられました。

吉川市のゆるキャラ、なまりん(ナマズだそうです)
ていねいに子どもたちの質問に答える金井宇宙飛行士

この日の植樹祭は、なんとJAXAの金井宜茂宇宙飛行士の市民講演とセットで開催されました。
金井さんは関小学校の体育館で熱狂的に迎えられ、多くのちびっ子からの質問にも丁寧に答えてくれました。山崎直子宇宙飛行士からもビデオレターをいただきました。

ビデオレターを贈ってくれた山崎直子宇宙飛行士

雲一つ無い空のもと、宇宙飛行士といっしょに植樹した桜は、市民のみなさんの記憶に残る名桜となるにちがいありません。

恒例になった紲石(きずないし)の贈呈  左・中原恵人市長 右・長谷川代表理事
紲石を手から手へ、回す子どもたち

フィナーレは紙飛行機発射! 金井宇宙飛行士がカウントダウンしてくれました。

そしてソラちゃん、今日もやってきました。各地で市長さんたちとすぐ仲良しになるのは、ソラちゃんの天性なのかもしれませんね。

ソラちゃんはすぐに懐く??? 中原恵人・吉川市長と
ソラちゃんと金井さんのツーショット撮影会になってしまいました。。。
ご多忙な中、飯舘村から菅野典雄村長がかけつけてくださいました(ソラちゃんの右)苗元の北杜市からも、櫻井政策参事と桜守の三枝先生が

ところで、なぜ被災地でないこの街に、きぼうの桜が植えられたのでしょうか?
吉川市の一帯は過去に大水害が起こった地域です。近年の異常気象や自然の猛威に鑑み、警世のためのシンボルが必要と街の人々が考えたこと、自治体としても東日本大震災の、特に飯舘村(福島県)の復興に寄り添うことを決めたことなどから、きぼうの桜植樹が熱望されました。この思いは中原恵人市長自ら、2018年8月、楢葉街での きぼうの桜サミットでも熱く語られました。そして3年ほどかけて慎重に計画を練り、この日を迎えたわけです。

きぼうの桜は第2フェーズへ。復興のみならず、未来の命を守るために。ワンアースは活動を続けます。