一般財団法人ワンアース

この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。

きぼうの桜、再生する川俣町に!


2018年4月18日(水)
福島県川俣町で、きぼうの桜植樹祭が行われました。


この町は内陸で、津波の被害こそなかったものの、原発事故の被害を受けて、一部地域は避難地区になっていました。昨年春、6年ぶりにようやく避難命令が解除され、町の再生が始まりました。


選ばれた宇宙桜は、宇宙ひょうたん桜(高知県仁淀川町)


この植樹は、ライオンズクラブ国際協会(332-D地区・菅野文吉ガバナー)の全面協力により、とんとん拍子に準備が進みました。


輸送は(!)なんと福島からトラックで取りに来る気合いの入れよう(片道14時間かかったとか)


巨大ハートの柵はあじさいでお洒落に決めました。


主だった方々からの祝辞のあと、フライト証明書と紲石がワンアース長谷川代表から佐藤金正町長に贈られました。


土掛け、水遣りのあとは、、、

きぼうの桜植樹祭の恒例(?)となった風船飛ばし。


看板も立派に出来上がりました。

あの震災の記憶と教訓を、千年先まで伝えるために
きぼうの桜は植え続けられます。
そこに故郷がある限り

福島民報新聞記事
福島民友新聞記事

- No Comments on this Post -