一般財団法人ワンアース

この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。

プレスリリース☆世界遺産に宇宙桜が! 岩手県釜石市 きぼうの桜植樹祭ご案内

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック

世界遺産に宇宙桜が!
岩手県釜石市 きぼうの桜植樹祭ご案内

 岩手県釜石市は2018年4月14日、一般財団法人ワンアースが主催する「きぼうの桜」計画の一環として、極めて稀少な宇宙桜(贈呈元・福島県三春町、母樹は三春滝桜・樹齢1000年超)を植樹し、復興を祈念する。同植樹祭には野田武則・釜石市長のほか、鈴木義孝・三春町長や、宇宙桜大使犬・ソラも駆けつけ、地元・栗林小学校の全校児童約50名が「きぼうの桜」を合唱する。
 植樹場所には直径20メートルのハート型の植え込みが造られており、その中心に宇宙桜を植えて町のランドマークにする。ハートの先端は苗の故郷・三春町を指している。植樹と同時に、ラピスラズリ球で作られた紲石(きずないし)の埋設や山崎直子宇宙飛行士からのビデオ祝辞上映が行われ、新しい復興のシンボル誕生を祝う。

日時: 2018年4月14日(土) 14:00-
場所: <式典> 釜石市橋野鉄鉱山インフォメーションセンター
<植樹> 橋野鉄鉱山内 憩いの広場

【きぼうの桜とは】 一般財団法人ワンアースが推進する東日本大震災復興支援事業。 その種が8ヶ月半宇宙を旅した日本屈指の名桜の直系子孫(宇宙桜)を被災地全市町村の津波到達点上に植え、千年風化しない避難の目印として、そして宇宙からも見える復興のシンボルとして、この星の子孫たちに残す前例のない広域事業。 東北三県沿岸全37都市および福島市、飯舘村、川俣町と調整中、うち10都市で、2018年4月までに植樹完了予定。

【宇宙桜とは】 2008年に有人宇宙システム株式会社が行った社会貢献事業「花伝説・宙へ!」によって誕生した桜。日本各地で少年少女らの手によって集められた千年級の名桜(山高神代桜、根尾谷淡墨桜、三春滝桜、醍醐桜、ひょうたん桜、角館武家屋敷枝垂桜など)の種が、若田光一宇宙飛行士とともに国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月半(2008.11/15から2009.7/31)滞在し、地球帰還後にそのごく一部が発芽して「宇宙桜」が生まれた。同宇宙事業を発案した長谷川洋一が、2015年に一般財団法人ワンアースを設立した。宇宙桜の苗は現在でも稀少な地域の宝物だが、ワンアースの呼びかけに応え、東北復興のためならば、と各地で苗を増やし贈呈準備をしている。

<お問い合わせ> 一般財団法人ワンアース  長谷川洋一
〒301-0003 茨城県龍ヶ崎市平台4-20-6
090-9230-8586 hasegawa@the-one-earth.org
ホームページ http://www.the-one-earth.org/jp/

<お問い合わせ> 一般財団法人ワンアース  長谷川洋一
〒301-0003 茨城県龍ヶ崎市平台4-20-6
090-9230-8586 hasegawa@the-one-earth.org
ホームページ http://www.the-one-earth.org/jp/

【報道各位】 詳細資料はコチラをクリック

- No Comments on this Post -