東北復興宇宙ミッション2021

2019年秋、ワンアースは宇宙ミッションを始動します。東日本大震災復興に対する世界中からの支援への感謝の気持ちを、国際宇宙ステーションから発信します。具体的内容は次の通りです。

【目的】 東日本大震災発災から10年である2021年3月11日を期し、東北三県を主体に日本から全世界に、復興支援への感謝の気持ちと、震災の記憶と教訓を伝承するためのメッセージを国際宇宙ステーションから発信する

【概要】

福島・宮城・岩手三県を中心とし、震災の記憶と復興のイメージを語る画像、モノ、言葉を国際宇宙ステーション(以下ISS)に打ち上げる。

ISSのキューポラ(地球が展望できる窓施設)や日本実験棟きぼう内に、物品・写真等を展示し、メッセージを宇宙飛行士に読み上げてもらい、映像を全世界に拡散する。 花や農作物の種などの記念品も打ち上げ、地上に回収後、地域活性化や震災の記憶と教訓の伝承に息長く活用する。

【スケジュール】

2019年度:計画発表、搭載物品選定、メッセージ募集、搭載技術調整等

2020年度:物品準備、打上、年度末(2021年3月11日)にミッション実施

2021年度:物品地上回収、各種地上イベント等で利活用

【期待される効果】

・日本から全世界への感謝の気持ちを発信出来る

・東日本大震災の記憶と教訓を世界規模で共有・伝承する構図が作れる

・東北の復興をアピールし、風評払拭に貢献できる

・国際宇宙ステーション(ISS)の社会的利用価値を端的に証明できる

2019年7月 きぼうの桜サミット in 洋野 で行われた宇宙を目指す共同宣言の様子

この宇宙ミッションの準備として、現在ワンアースは東北各地でワークショップ形式の市民討論を始めたところです。2019年度いっぱいは復興庁「心の復興」助成を活用しつつ、多くのみなさまのご意見を集め、歴史的に意義有る市民宇宙ミッション計画に仕上げていきます。

復興庁「心の復興」で採択されたワンアースの令和元年度事業計画概要

宇宙を目指す市民ワークショップ in 福島 について

日時:2019年12月22日(日)15時から17時30分

場所:福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館 わいわいホール

   福島駅東口すぐ

   〒960-8044 福島県福島市早稲町1−1

入場無料、申込不要(満席の際はご容赦ください)

主催:一般財団法人ワンアース

共催:福島市

後援:福島民報社 福島民友新聞社

協力:日本宇宙少年団福島分団きぼう

  • 東北復興祈念宇宙プロジェクトを広く市民に紹介して参加気運を高めるとともに専門家を交えた意見交換を行う。
  • 特に宇宙を夢見る少年少女らに数多く参加してもらえる内容とする。
  • 復興庁「心の復興」令和元年度助成事業「宇宙から世界に感謝を届ける市民プロジェクトの始動」の一環として実施する。

【プログラム】

1.ご挨拶        福島市長  木幡 浩 様

2.ご来賓挨拶              復興副大臣 横山 信一様

3.宇宙プロジェクトの説明    ワンアース代表 長谷川 洋一

4.基調講演(1)宇宙ステーション「きぼう」開発秘話

   JAXA元理事 長谷川 義幸先生

<休憩・・・10分程度>

5.基調講演(2)この宇宙の片隅で

   国立天文台副台長 渡部 潤一先生

6.ディスカッション(下記登壇者)

木幡浩市長、横山信一副大臣、長谷川義幸先生、渡部潤一先生、

日本宇宙少年団福島分団 大野裕明分団長、長谷川洋一(モデレータ)

☆会場からも意見収集

宇宙的視点から、この星の、いのちの美しさを体感しつつ、ひとつの星で共生するという新しい価値観に基づいた文化交流で、世界を一つに繋いでゆきます。